「フリースタイルダンジョン ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.2」収録楽曲のレビューを公開中!

​1/24に発売された「フリースタイルダンジョン ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.2」に収録されている楽曲(全15曲)のレビューを、去年から今年の1月まで、Zeebraが講師を務めた慶應義塾大学の学生さんに書いていただきました!

​皆さまにより近い目線でのレビューになっていると思いますので、ぜひご覧ください!

01. THE JUDGE / いとうせいこう、ERONE、KEN THE 390

国内有数のラッパーたちのスキルバトルが聴きどころ。なかでも日本のリビングレジェンド・いとうせいこうのバースはクラシックな押韻法が現在のシーンにおいて逆にフレッシュに響き、魅力的!

(伊藤連)

02. C.H.I.C.O. (Album Edit) / CHICO CARLITO

アンセムにふさわしい華やかなビートに絡み合うパワフルかつスムーズなラップが圧倒的。「この音楽、楽しんだもん勝ち」というリリックのとおり、ヒップホップの楽しさが詰まったトラック。

(伊藤連)

03. わかってねえな / 崇勲

まずシンプルで力強いフックにがっつり掴まれる。エモーショナルなリリックだがフロウはさすがの安定感があり、耳に心地良い。ライブで一緒に歌いたくなる一曲。

(伊藤連)

04. HomeBoy / T-Pablow ft. Yellow Pato, Benjazzy

BAD HOPによる自らのフッド・川崎のアンセム。シカゴのドリルミュージックの影響を感じさせる重く不穏なトラックにのる、ラッパーたちの攻撃的でスキルフルなラップはシーンで唯一無二。

(伊藤連)

05. com on! feat 般若、Zeebra / ACE  

歪んだギターサウンドが大胆に使われた厳ついトラックに現モンスターACEがレジェンド二名を迎えている。「フリースタイルダンジョン」をテーマにしているが単純な賛美に終わらない内容が三者のラッパーとしての強い芯を感じさせる。番組ファン要聴取の一曲。

(伊藤連)

06. 上サイン / サイプレス上野とロベルト吉野

日本語ラップを代表するスターグループによるアンセム。トロピカルなサウンドに乗せられたサイプレス上野のスムーズなフロウ、そして耳に残るフレーズの数々に、ベテランにして最前線のラッパーのご機嫌で最高なマインドがきらめいている!

(伊藤連)

07. Keep On Runnin' / 裂固

キッズたちから圧倒的に支持される裂固による「はじまり」を感じさせる力強い一曲。持ち味の固いライムや誰もが認める高いスキルももちろんだが、誰にも止められないようなみずみずしい勢いが大きな魅力の一曲。

(伊藤連)

08. 音楽ワルキューレ2 / DOTAMA

いびつでクセの強いトラックも引けを取らないDOTAMAの変態的な高音フロウは、彼以外のラッパーでは満たされない心のどこかを満たしてくれる。リリックの内容も魅力だがスキルも他の追随を許さない圧倒的な一曲。

(伊藤連)

09. RHYME GUARD / ICE BAHN

ライム至上主義を掲げるラップグループ・ICE  BAHNによる固すぎる一曲。曲を埋め尽くすライムにはひとつたりとも凡庸で無内容なものがない。言葉の遊び方の別次元をみせつけてくれる。

(伊藤連)

10. 新宿ストリート・ドリーム / 漢 a.k.a GAMI

漢 a.k.a GAMIという存在が日本語ラップにとって唯一無二であることを再確認させる一曲。いびつなフロウで語られるストリートの描写は彼独自のユーモアとダーティさに溢れている。後にも先にも誰ひとり代わりのいないMCのアンセム。

(伊藤連)

11. 俺はやる / 輪入道

「口だけのカス朽ち果てろや」という極上のパンチラインによって口火を落とされるリリカルな一曲。語りかけるようでありながら攻撃性もあるフロウがエモーショナルなトラックに見事にハマっている。

(伊藤連)

12. 未来予想図 / Creepy Nuts

現在のバトルシーンにおける最重要曲。ダンジョンにおけるTK da 黒ぶちvs R指定の名バトルではこの曲の描いたビジョンが大きな焦点となった。全てのバトルキッズが聴き込むべき一曲。

(伊藤連)

13. さようなら / 呂布カルマ

彼独自の不気味なセンスで選ばれた言葉をコラージュのように組み合わせて描き出される呂布カルマのリリックの世界はアングラコミックのように聴く人を引き込む。現在シーン随一のリリシストによるダークでエロティックな一曲。

(伊藤連)

14. LA$T BO$$ / 般若 w_ACE a.k.a 山下新治

"般若ルーム"で抜群の掛け合いを見せていた般若とACE a.k.a 山下新治によるスピンオフ的な一曲。番組中ではあまり多くを語らない笑いをみせる般若のワードセンスやACEとの息のあった掛け合いはファンならニヤケが止まらない。

(伊藤連)

15. MONSTER VISION / Dungeon Monsters

初代モンスターによる言わずと知れたフリースタイルダンジョンのアンセムソング。各モンスターのそれぞれに強すぎるキャラクターが楽しめるのみならず、バトルだけでなく音源でもトップのラッパーたちだということを改めて実感させられる!

(伊藤連)

【INFORMATION】

 

◼️『フリースタイルダンジョン ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.2』好評発売中!

→GRAND MASTER Webstore

◼️いとうせいこう、ERONE、KEN THE 390『THE JUDGE』好評配信中!

iTunes

AWA

LINE MUSIC

◼️『THE JUDGE』PV公開中!

GRAND MASTER©2014